ジルダールギャラリー名古屋

リュクスライフ主催代表の森下純子です。

アートを暮らしにとりいれ楽しんでほしいなーと言う想いもありアートライフスタイリスト®︎の活動もゆるりとやっています。

アートのある暮らし協会はこちら

先日訪れた名古屋ジルダールギャラリーさん。15周年のイベントが開催されていましたが、アートフェアにも毎年出展されていて、遊び心のあるアーティストさんの作品が多く好きなギャラリーさんです。

おすもうさんの作品が目をひきます。優しい色合いで繊細な作風なのに、モチーフがスポーツなのでどこかアグレッシブさを感じさせます。北欧スタイルのリビングにも似合いそうです。

国本 泰英 / Yasuhide Kunimoto

自身の生活を取り囲む情景や、インターネット、雑誌などで得た様々なイメージの中から 人を捉えた絵画作品を制作。 「個」と何物でもない「何か」との間を往還する曖昧な存在としての「人」に関心があり 主題としている

赤ちゃんとクマとロボットを融合させた、なんとも可愛い!だけどかっこいいアート。

向井正一 / Shoichi Mukai

1972年大阪出身。近畿大学文芸学部芸術学科造形美術専攻卒業。 レインボー造形企画入社。テレビ・映画・劇場等の怪人・怪獣コスチュームや 小道具制作に携わる。同社退社後、息子の誕生を期に作家活動を始める。 FRP樹脂やレジンキャスト等を用い立体作品を制作。 主に新生児をモチーフとした「ベビテクター」シリーズを制作中。

アートフェアでもひときわ目をひいた雲と人の足を組み合わせたオブジェ。今回は歌舞伎役者さんの足をモチーフにした作品が展示されていました。アーティストさんにも一度お会いしましたが、優しい雰囲気の方でどこか芯がある方。

好きな作品です。

南村 遊 / Yuu Minamimura

タイ、イタリア、オーストラリアへの留学をきっかけに、自国へのアイデンティティの欠落に気づく。 これぞ日本の感覚・感性というものを見つけ、分解し理解し再構成することを目標に、現在は雲や紙をモチーフとして、「日本人の現象における感覚・感性」をテーマに制作活動をしている。

石を主軸に、ブロンズ、真鍮、陶器、石粉粘土などを素材とした彫刻を制作。

いかがでしたか?

現代アートは面白い作品が沢山あります。アートのご相談をしたい方はアートライフスタイリストにどうぞ。

https://art-styling.jp/

関連記事:アートフェア開催中

あなたにとってリュクスな暮らしとは?


講座案内&お申し込みはこちら
リュクスライフの各種サービスはこちら
リュクスライフホームページ はこちら

見たよ!の応援ポチしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村

LINE@にご登録いただくと、
毎日リュクスな記事があなたのもとに届きます!
ぜひ、お友達登録お願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中